看護師バイト 検診センター 口コミ

検診センターのバイト看護師の口コミ(^ω^)扶養範囲内で働くには、週何日働ける?

扶養範囲で働くなら、検診センターの看護師バイトがおすすめ(^ω^)

自分の都合に合わせて働ける事からも、看護師バイトで人気があるのが検診センターの仕事です。

 

検診センターで働いている看護師は、子育てをしている方やブランク明けの方が多く、ほとんどの方が扶養範囲内で働きたいと思っています。

 

そこで、理解しておく必要があるのが、扶養範囲というのはどういう意味なのか?という事です。

 

扶養範囲というのは、扶養控除を受けられる上限額内で働くという意味で、その上限額というのは103万円です。

 

扶養家族、つまり、妻の年収が103万円以下であれば、給与所得控除と基礎控除が受けられるのですが、年収が103万円を超えてしまうと、これらの控除が受けられなくなります。

 

配偶者控除が受けられないので、夫の税金が増えてしまいますし、扶養家族である妻に所得税が課税されるので、世帯の年収が減ってしまいます。

 

そして、配偶者手当や扶養手当が支給されている会社で働いている場合は、それらの手当の支給もなくなります。

 

夫が扶養控除や扶養手当などを受けられない事に加えて、妻に課税されてしまうのですから、年収が大きく変わってしまいます。

 

月収が8〜9万円を超えると、年収が103万円を超えてしまう事になるので、単発の健診バイトの仕事をして、収入を上手く調整している方も沢山います。

 

これが、扶養範囲内で働く事を希望している方が多い、という理由です。

 

その他にも、妻がバイトで働く場合には、頭に入れておかなければいけない点があります。

 

扶養控除を受けられる上限額というのは103万円ですが、年収が130万円を超えてしまうと、社会保証制度に加入しなければいけません。

 

そして、基礎年金についても支払いが義務付けられてしまいます。

 

つまり、社会保険料と基礎年金について、自分の負担で入らなくてはいけないので、手取りの年収が下がってしまいます。

 

扶養の範囲内で働きたいと思っている方は、これらの上限額というのを頭に入れておく必要があります。

 

妻の年収が上限額を超えてしまう事で、世帯の年収が変わってきますから、どのような働き方をするのが得なのかを、しっかりと考えておきましょう。

 

 

バイト看護師が扶養範囲内で働くためには、どれくらい働けるの?

看護師バイトをしている方の多くは、扶養範囲内で働く事を希望しています。

 

その為には、年収103万円を超えてしまうと、扶養範囲内で働けなくなってしまいますから、月収を、8?9万円に抑える必要があります。

 

月収をそのくらいの金額に抑える為には、時短勤務や、午前や午後のみの勤務が可能な職場で働く事が理想的です。

 

看護師バイトには、扶養範囲内で自分のペースで働ける職場が沢山あります。

 

健康診断や人間ドックが行われている検診センターは、時短勤務、午前のみ、午後のみなど、シフトの自由度が高いところがメリットです。

 

検査の開始時間がそれぞれ異なるので、それに合わせて、希望に合わせた出勤時間が選択できます。

 

訪問看護の仕事も、1件当たりの訪問時間が決まっているので、訪問時間に合わせた時短勤務が可能です。

 

ほとんどの訪問看護ステーションは看護師不足という事もあり、1日2時間といった短時間勤務の求人も沢山出ています。

 

その他に、デイサービスにも、扶養範囲内で働いているスタッフが沢山います。

 

同じ働き方を希望しているスタッフが多いので、シフトの希望が通りやすい、というメリットもあります。

 

看護師バイトの時給相場というのは、1,500〜1,800円ですから、一日6時間の勤務となると、月に8、9日しか働けません。

 

つまり、扶養範囲内で働く為には、週2日の勤務が可能な職場か、時短勤務が可能が職場を選択する事になります。

 

病棟や外来というのは、イレギュラーな事態が起きる事もありますし、プライマリーナーシングを行っている職場もあるので、扶養範囲内で自分のペースで働くのは厳しいのが事実です。

 

自分のペースで働きたいのであれば、検診センターの派遣看護師がベストだと言えます。

 

派遣の仕事は、派遣会社に登録をすると紹介してもらう事ができますが、扶養範囲内で働きたいという希望をコンサルタントに伝えておけば、シフトを調整してもらう事ができます。

 

検診センターの仕事は、残業もなくて時間通りに仕事を終える事ができるし、家庭と仕事を上手く両立させたい方にはお勧めです。

 

 

検診センターでバイト看護師の体験談(^ω^)扶養範囲内でストレスなく働く!

私は、子育てと仕事を上手く両立させる為に、派遣看護師で働く事にしました。

 

私が以前働いていたのは総合病院の外科系の病棟だったんですが、ハードな職場だったので、家庭と仕事を両立させるのは難しいと思ったんですよね。

 

実際に、その職場で働いているスタッフはほとんどが独身の方でした。

 

私は、派遣の仕事を探す為に、派遣会社に登録をしました。

 

派遣看護師は、派遣会社に雇用されている状態なので、シフト希望などはすべて派遣会社を通して職場に伝えてもらえるんですよね。

 

出勤日数や勤務時間の交渉なども、すべて派遣会社が行ってくれるし、給料アップの交渉もしてもらえるんですよ。

 

私は、扶養範囲内で働きたいと思っていたので、年収を103万円以内に抑える必要があったんですよね。

 

そのような希望を、担当のコンサルタントさんに伝えたんです。

 

月収にすると、だいたい8、9万円の収入に抑える必要があるんですが、コンサルタントさんが上手くシフトを調整してくれたんですよね。

 

私が紹介してもらった仕事は、健診センターです。

 

検診センターは、シフトの自由度が高くて、自分と同じように、扶養範囲内で働きたいという看護師が沢山活躍しているんですよ。

 

検診センターでは、時間事にいろいろな検査を行っていて、それぞれの時間帯で看護師が必要です。

 

だから、時間枠に合わせた時短勤務が可能で、私は主に、午前中の部の健診の仕事に入っています。

 

検診センターで働いている看護師は、30代、40代の家庭がある方がほとんどなんですよ。

 

ブランク明けのスタッフも沢山いますね。

 

検診センターの仕事は、シーズンがあるんですが、バイトや派遣の看護師の場合は、忙しい時期でも残業に鳴る事はほとんどありません。

 

だから、無理なく家庭と仕事を両立させる事ができるんですよ。

 

私は、午前中の部の仕事をメインに、週に2、3日健診センターで働いています。

 

この働き方だったら、収入を扶養範囲内に収める事ができるし、余裕を持って働けるのでストレスが溜まる事もありません。

 

同じような環境のスタッフが沢山いて理解があるし、健診センターは、扶養範囲内で働きたい方にお勧めしたい仕事ですね。