看護師バイト 検診センター ブランク

ブランクOK?検診センターのバイトナースとは?

健診センターの求人がブランクナース歓迎の理由

医療というのは日々進歩していますから、たった少しのブランクでも、復職するとなると不安が大きいものです。

 

看護師は、不規則でハードな仕事なので、結婚や出産を期に職場を離れる方が少なくありませんが、ほとんどの方は復職する事を考えています。

 

でも、ブランクがある事がネックで、職場に復帰する事を躊躇している方が沢山います。

 

そして、復職したくてもなかなかできずに、潜在看護師になってしまう方もいます。

 

看護師が活躍している職場にもいろいろありますが、ブランクがある看護師がいきなり病棟勤務に復職するのは、ハードルが高すぎます。

 

それに、しっかりしたサポートを行ってくれる職場でなければ、スムーズに仕事に入る事ができません。

 

看護師求人の中でも、ブランクナース歓迎なのが健診センターの仕事です。

 

検診センターは、サポート体制が充実しているので、しっかりとした指導を受ける事ができます。

 

ですから、ブランクがある看護師も安心して業務に入る事が可能です。

 

検診センターのサポート体制というのは、センターによって内容が異なります。

 

研修期間が設けられていて、入職してからは最初に研修に専念できるところもありますし、業務に入って、教育担当の看護師の指導を受けながら仕事を覚えていく、というところもあります。

 

センターによって指導方法は異なりますが、いずれにしても手厚い指導が受けられるので、どんなに長いブランクがある方も、スムーズに業務に入れます。

 

検診センターでは、病院とは違い、健診を受ける方は患者さんではなくお客様です。

 

その為、言葉使いや態度などの接遇に注意する必要があります。

 

研修では、技術面以外の接遇面の指導も行っています。

 

業務に慣れるまでは、病棟勤務のようにプリセプターが常についてくれて、業務の流れや手順などをしっかりと教えてくれます。

 

プリセプターと常にペアを組んで業務に入る事ができるので、精神的な負担が少ないところも魅力です。

 

ブランクある事を不安に思っている方も、検診センターの求人だったら安心ですし、ブランクがある多くのスタッフが活躍しているので、職場にもすぐに馴染む事ができます。

 

 

ブランクナースでも安心!検診センターの事前研修について

検診センターの看護師バイトは、指導や研修体制が充実しているので、ブランクがある看護師も安心して働けます。

 

検診センターは、どのセンターでもサポート体制がしっかりしていますが、センターによって指導方法が異なります。

 

最初に研修期間があり、業務に入るまでに仕事の流れや手技などについて覚える事ができるところもありますし、教育指導の看護師とペアになって、業務に入りながら仕事内容を覚えていく、という方法を取っているところもあります。

 

検診センターは、対象になる方がお客様なので、看護師としての知識や手技以外に、言葉使いや態度など、しっかりと対応ができるスキルも必要です。

 

対象となる方との関わりがとても重要なので、接遇面や身だしなみについても注意する必要があります。

 

検診センターの研修では、そのような面の指導も行ってくれるので、検診センターが未経験の方も安心です。

 

検診センターでは、採血などの検査をスムーズに行う事だけが業務ではありません。

 

看護師は、検査結果の説明をする事も業務の一つなので、検査内容の目的や意義、検査結果の数値、異常が見られた場合の今後の治療方法など、幅広い知識も必要となります。

 

検査結果というのは、検査の種類によって、結果が出るまでには数日かかるものもありますが、検査当日に結果がわかるものもあります。

 

当日に結果がわかる検査の場合は待ち時間がありますが、検査内容や疾患について、お客様が質問してくる事もあります。

 

そのような場合には、的確な説明ができなければ、お客様に不安を与えてしまいますし、信頼してもらう事ができません。

 

検診センターでは、マンツーマンの指導でしっかりと指導をしてくれますし、常に側に教育担当がいますから、分からない事があれば、いつでも質問する事ができます。

 

検診センターは、手技や業務の流れ、それに、多岐に渡る検査内容についての理解ができるだけでなく、コミュニケーションのスキルも学べる、他の職場にはない魅力がある仕事です。