看護師バイト 検診センター メリット デメリット

検診センター看護師バイトのメリット・デメリットは?

看護師バイトにもいろいろありますが、人気がある仕事の一つが検診センターです。

 

検診センターの業務は、病院やクリニックとは違って比較的に楽ですが、大変な部分もあります。

 

その為、メリットとデメリットをしっかり把握しておく事が大切です。

 

健診センターの看護師バイトの一番のメリットは、時給が高いという点です。

 

検診センターによって時給に差がありますが、1,800〜2,000円が相場です。

 

中には、時給2,500円といった高給な求人もありますから、他のバイトに比べると給料が優遇されているという事が良くわかります。

 

健診はいろいろな場所で行われていますが、人間ドックのように自費で行うものもある為、それが時給にも反映されています。

 

そして、福利厚生が充実している為、安心して働けるところもメリットです。

 

多くのセンターは、年間休日数が120日以上あり、長期休暇もしっかりと確保できます。

 

それに、様々な手当が充実しているので、夜勤業務がなくても高給を得る事ができます。

 

さらに、サポート体制が充実しているので、業務の流れや手技について、しっかりと指導をして貰えます。

 

検診センターは病院とは違い、来所される方はお客様という捉え方をするので、言葉遣いや態度などが重視されます。

 

でも、検診センターでは、接遇面についてのしっかりとした教育が受けられるので、未経験の方でも安心して仕事に入る事ができます。

 

検診センターの看護師バイトのデメリットは、単純な作業なので、スキルアップを期待するのが難しく、長期に渡って仕事をしていると飽きてしまう場合もあるという点です。

 

それに、対象者が患者さんではなくお客様なので、対応に注意する必要がある、というところもデメリットです。

 

ちょっとした事でクレームに繋がる場合もありますから、しっかりと対応ができるスキルが必要です。

 

このように、検診センターの仕事は、メリットばかりではなくデメリットもありますが、残業がほとんどなくてカレンダー通りの働き方ができるので、ママさんナースなど、プライベートを重視したい方にはお勧めです。