看護師バイト 健診センター

検診・健診の看護師求人がおすすめの3つポイント


 

ポイント1・好きな時だけ働ける!単発・短期でもOKのシフト完全自由なおすすめな看護師バイト

看護師バイトにもいろいろな仕事がありますが、一般的なバイト求人は、曜日や時間が固定されているので、自分の都合に合わせた勤務というのはできません。

 

小さな子供を育てている方は特に、子供の都合で休みが欲しいというケースも多々あるので、バイトをしたくても躊躇してしまう方は沢山います。

 

でも、検診バイトであれば、単発や短期の求人も沢山揃っていますし、シフトが完全自由なので、自分の都合に合わせた働き方が可能です。

 

実際に、子育てをしている方やダブルダブルワークをしている方の多くが、検診バイトを選択しています。

 

時短勤務など、シフトを自由に調節できる検診バイトは、プライベートを重視した働き方をしたい方にピッタリです。

 

 

ポイント2・残業は一切なし!仕事とプライベートの両立が出来るおすすめな看護師バイト

看護師が常勤で働いていると、夜勤や残業を避ける事はできません。

 

ですから、プライベートを確保するのが難しく、結婚や出産を期に退職したり、働き方を変える方が沢山います。

 

でも、たとえ看護師バイトであっても、病棟や外来の場合は、イレギュラーな事態が起きる事も多く、急な残業を強いられていまします。

 

しかし、検診バイトであれば、イレギュラーな事態が起きる事はまずありませんし、急変対応もないので、残業はありません。

 

検査時間に合わせて、勤務時間を選択する事もできますし、定時に仕事を終える事ができるので、無理をしなくてもプライベートと仕事の両立ができます。

 

子育てをしている方にとっては、とても働きやすい環境です。

 

 

ポイント3・残業は一切なし!仕事とプライベートの両立が出来るおすすめな看護師バイト

医療の世界というのは日々進歩していますから、たった少しのブランクでも、復職するのは簡単な事ではありません。

 

特に、長いブランクがあると、採血などの医療行為をするのが不安になってしまい、復帰したくても第一歩が踏み出せない方が沢山います。

 

でも、検診バイトなら、医療行為がほとんどないので、長いブランクがある方もスムーズに仕事に入る事ができます。

 

検診センターでは、看護師がそれぞれの担当に分かれて検診を行っていますから、採血が苦手という方であれば、他の担当に回してもらう事ができます。

 

事前に希望を伝えておけば、苦手な行為を任される事はありませんから安心です。

 

検診センターの看護師バイトにおすすめな看護師転職サイトランキング

メディカルコンシェルジュ

 

 

看護roo派遣

 

 

看護師のお仕事派遣

 

 

おすすめの看護師バイトならコレ!

 

検診センターが看護師バイトにおすすめの3つのポイント!

 

 

ポイント1・検診センターの看護師バイトなら時給2,000円以上の高給求人あり!

看護師の仕事に限らず、高給な仕事というと、専門性が高かったり、ハードワークというイメージを持っている方がほとんどです。

 

それに、同じ業務内容でも、地方の場合は、都心に比べると給料が低いという傾向があります。

 

しかし、検診センターの看護師バイトは、時給1,800〜2,000円と高給です。

 

この仕事は、地方であってもそれほど時給に差がなく、時短勤務など、自分のライフスタイルに合わせた勤務ができるので、効率良く稼げる事で人気があります。

 

病棟勤務のように、高度な医療技術や知識が求められる事がなく、夜勤や残業もありません。

 

その為、ブランクがある看護師も安心して働けますし、子育てをしている方などプライベートを重視した働き方をしたいという方も、しっかり稼ぐ事ができます。

 

 

 

ポイント2・検診センターのバイト看護師なら研修やサポート体制が充実している!未経験でも安心

検診センターでは、様々な検査を行っていますから、経験がないとスムーズに業務ができないと思っている方も少なくありません。

 

看護師が働く他の職場も、サポート体制が充実していないと、業務にも職場にも馴染むのが難しいものです。

 

しかし、検診センターは、サポート体制が充実しているので、全くの未経験の方も安心して業務ができます。

 

検診センターは、バイトや派遣といった非常勤のスタッフがほとんどで、常に求人を出しているので、年間を通して中途採用をしています。

 

研修担当のスタッフがマンツーマンで指導してくれるなど、ほとんどのセンターは充実した研修期間を設けているので、未経験やブランクがある方もすぐに仕事に慣れる事ができます。

 

 

 

ポイント3・検診センターのバイト看護師なら完全予約制だから残業がほとんどなし!

看護師の仕事というと、イレギュラーな事態が起きる事が多く、急な残業は当たり前といった状況です。

 

特に、病棟や外来の場合は、残業がないという職場はほとんどありません。

 

しかし、検診センターというのは、検査を受けるのは健康な方ですし、完全予約制なので、残業がほとんどなくて、定時に仕事を終える事ができます。

 

検査が始まる時間も決まっているので、スケジュールが立てやすいし、検査時間に合わせた時短勤務も可能です。

 

検診センター看護師バイトの時給はどのくらい?

 

検診センターの仕事は、検診の種類によって繁忙期や閑散期があります。

 

予防医学センターなどでは、巡回検診の割合が多くて、学校検診も行っています。

 

学校検診というのは、学校保健法によって実施する時期が定められている為、健康診断の時期に集中します。

 

4?6月までに実施しなくてはいけないので、その時期は繁忙期です。

 

そして、人間ドックなどを行っている検診センターは、学校が長期休みとなる7、8月、12月、3月に予約が多くなります。

 

その時期は、一般企業で働いている方も休みが取りやすく、検診センターの繁忙期は、7、8月、12月、3月となります。

 

そして、繁忙期前には求人が多く出るので、短期や単発の仕事をしたい方は、その時期に合わせて仕事を探すと、効率良く求人が見つかります。

 

検診センターでは、早朝検診や午後の検診など、時間毎に検査が行われています。

 

そのような事もあり、午前のみ、午後のみ、時短勤務、早出、遅出など、勤務時間を選択できる求人がほとんどです。

 

ですから、子育てや家族の介護をしている方など、ライフスタイルに合わせた働き方をしたい、という方にはピッタリです。

 

検診センターは、学校検診よりも時給が高いので、効率良く稼ぐ事ができます。

 

学校検診というのは、検査項目が定められているので、検査業務が単調です。

 

しかし、検診センターで行われている人間ドックというのは、いろいろな種類があり、それぞれに検査項目が違います。

 

幅広い検査項目がある事も、学校検診よりも検診センターのほうが時給が高いという理由の一つです。

 

検診センターは、学校検診に比べると業務内容が難しい、というイメージを持っている方がいるかもしれません。

 

でも、検診センターはサポート体制が充実していて、教育担当のスタッフがマンツーマンで指導してくれますから、自分のペースで仕事を覚える事ができるので安心です。

 

出勤パターンを選べるので、家庭と仕事が無理なく両立できるし、時給が高い事も考えると、検診センターの看護師バイトがお勧めです。

 

検診センターの看護師バイトの役割と仕事内容について

健康診断と人間ドッグの5つの違い

 

違い1・検査を受ける時期の違い

人間ドックというのは、検査を行う事について法的な決まりはありません。

 

受けるか受けないかは個人が判断して、自主的に行う検査です。

 

それに比べると、健康診断というのは、労働安全衛生法という法律によって、1年に1回以上の検査を行うようにと決められています。

 

 

違い2・検査項目の違い

人間ドックというのは、検査項目が決められていません。

 

全体的な検査を行う全身ドックや、それぞれの部位に徹底した検査を行う心臓ドック、脳ドック、レディースドック、脊椎ドック、それに、オプションをプラスするなど、検査の種類や項目を自分で選択する事ができます。

 

でも、健康診断というのは、厚生労働省によって検査の項目が定められている為、希望をしたいと思っても、自分で選択する事はできません。

 

 

違い3・費用の違い

人間ドックというのは、自主的に行う検査であって、公的な検査ではありません。

 

その為、多くの検査が健康保健の対象外となり、検査の種類によっても異なりますが、料金が高額になります。

 

しかし、健康診断というのは、法律で定められている公的な検査なので、自分で負担する必要がなく無料で受ける事ができます。

 

自己負担があったとしても、低料金で受けられます。

 

 

違い4・疾病発見率の違い

人間ドックは、1泊2日で行う全身ドックや、部位に徹底した検査など、検査の項目も多くて細かい診断をする事ができます。

 

細部に渡って幅広い診断ができるので、健康診断に比べると病気の発見率が高いというメリットがあります。

 

しかし、健康診断の場合は、最小限の検査項目しか受ける事ができないので、人間ドックに比べると病気の発見率は低いです。

 

 

違い5・意味合いの違い

人間ドックというのは、自分の意思で自主的に受ける方がほとんどです。

 

既往歴や年齢など、検査が必要だと思った時に、自ら希望をして受けています。

 

でも、健康診断は、法律によって受ける事が決められているので、自分の意思ではありません。

 

学校や企業側から、健康診断の日程などを指定されて受ける方がほとんどで、自分から希望して受ける、というわけではありません。

 

 

検診センターの検査項目と看護師バイトの仕事内容

検診センターの看護師バイトの役割について


検診センターでは、人間ドックや様々な種類のがん検診、一般的な検診など、いろいろな検査が行われていて、健康維持、それに、がんや生活習病などの早期発見や予防をする事を目的としています。

 

問診や血圧測定、心電図、視力検査、レントゲン、尿検査、胸部X線検査など、さまざまな検査を多なっていて、コースによって検査項目が決められています。

 

全身ドックなどの検査項目が多いコースの場合は、1泊2日で行っています。

 

検診センターの業務は、検査項目によって、必要となる手技や物品、処置が異なり、看護師は検査がスムーズに行えるようにサポートをするのが主な業務です。

 

検査を受ける対象者は健康な方なので、接遇面については注意する必要があります。

 

診察の介助では、病棟での業務内容と変わりはありませんが、対応や言葉使いには気を付けています。

 

そして、採血については、検査内容によってスピッツの種類や本数が違うので、スムーズに業務を進める為にも、検査項目を見ただけで判断する必要があります。

 

そして、受診者の取り違いなどのミスをしないように、ダブルチェックをして慎重に検査を行います。

 

身体測定では、受診者の身長や体重を測定しますが、センターによっては、心電図を取る業務も看護師が行っています。

 

さらに、問診票の記入といった事務的な業務も看護師の仕事で、検査結果のチェックを担当する場合もあります。

 

検診センターで検査を受けるのは健康な方が対象であって、病気を患っている方ではありません。

 

ですから、生命に直接関わるような業務を行う事がないので、精神的な負担が少ないというメリットがあります。

 

一般病棟のように、高度な知識や技術は必要ないので、スキルアップをしたいという方にとっては物足りないかもしれませんが、病棟にはないやり甲斐があります。

 

それに、完全予約制なので残業がないし、病棟勤務のように夜勤もないので、生活リズムを整えながら、プライベートをしっかりと確保した働き方ができます。

 

 

 

 

検診センター看護師バイトに必要な看護スキル


検診センターの看護師バイトの業務内容は、施設の規模によって違いがあります。

 

大規模な施設であれば、担当が細かく分かれていて、ルーティンワークを行っています。

 

でも、小規模の施設の場合は、電話対応や受付業務といった事務作業や診察の介助など、いろいろな業務を行う事もあります。

 

検診センターの仕事で最も重要となるのは、採血の業務です。

 

センターでは、身体測定や血圧測定の後に、ほとんどの受信者に対して採血を行います。

 

1人の看護師が、20?30人の受診者の採血を1、2時間で行う必要がありますから、いかにスムーズに急いで採血を終わらせるかが条件となります。

 

受診者の中には、高齢者もいますから、血管がなかなか確保できない場合もあります。

 

多い時には、1人4、5本の採血管が必要な場合があり、一般的には真空管採血を行っています。

 

なかなか血管が探せないと焦ってしまいますが、受診者に不信感や苦痛を与えない為にも、無理だと判断したら他の看護師に代わってもらう時もあります。

 

そして、内視鏡検査を実施している検診センターでは、内視鏡検査の介助スキルも必要です。

 

安全に、そして安楽に検査が進むように受診者の介助をします。

 

看護師は、検査手順、消化器の構造、内視鏡スコープの取り扱い、洗浄手順などを、しっかりと把握しておく事が大切です。

 

さらに、検査を受ける方は健康な方ばかりなので、対応や言葉遣いに注意する必要があり、コミュニケーションスキルというのも必要です。

 

ちょっとした事でクレームになる場合もありますから、接遇面について気をつけなくてはいけません。

 

その他にも、特定の疾患だけでなく、幅広い知識が必要となりますし、検査結果を受診者に伝えるのも看護師の仕事ですから、検査項目の数値についても理解しておく必要があります。

 

検診センターでは、病棟のように生死に関わるような重篤な事態が起きる事はありませんが、病棟とは違ったスキルが必要です。

 

そして、病院勤務にはないやり甲斐を感じる事ができる、魅力ある職場です。

 

検診センターのおすすめな看護師バイトは単発でも可能?

週2日以上の勤務が可能ならおすすめは検診センターバイト

 

理由1・検査項目が多く業務が複雑

検診センターでは、人間ドックや健康診断、がん検診といった、様々な検診を行っていて、人間ドックやがん検診などは、それぞれにオプション項目があります。

 

人間ドックというのは、全身ドックや部位に徹底した検査など、コースが沢山あり、検査内容については、センターによっても違います。

 

そして、がん検査についても、特定の部位に徹底した検査項目があり、オプション内容が異なります。

 

採血は、検査項目によってスピッツの種類や本数が変わってきますし、それぞれにオプションの内容が異なります。

 

検査項目やオプションの内容を覚えて、ミスがないように検査を進めるのは大変ですし、慣れるまでには時間もかかります。

 

それに、医療行為の種類も多い為、短期や単発のバイトでは、業務に対応するのは厳しい状況です。

 

 

理由2・医療行為が多い

検診センターでは、いろいろな検診を行っていて、項目毎に検査内容も違ってきますから、業務が複雑です。

 

内視鏡やレントゲン、糖負荷試験など、多くの医療行為が必要で、それらの手順や手技を覚えるのには時間がかかります。

 

その為、不定期な働き方の単発バイトや短期のバイトでは、業務を覚える事ができません。

 

 

理由3・派遣・バイトの非常勤ナースが少ないため、スタッフにゆとりがない

登録制がほとんどの派遣やバイトというのは、常勤やフルで働いているスタッフに加えてスポットで業務に入っています。

 

その為、スタッフの人数にゆとりを持たせる事ができます。

 

でも、検診センターでは、シフト制という勤務形態が取られていて、非常勤で働いているスタッフは少なく、スタッフにゆとりがありません。

 

検診センターの仕事は、検査項目ごとにオプションの内容が異なり、業務を覚えるまでには時間がかかる事もあります。

 

ですから、スタッフのほとんどは常勤やフルで働いています。

 

マンツーマンで指導をするなど、徹底したサポート体制が必要となるので、不定期で業務に入る単発や短期のバイトでは勤まりません。

 

 

 

検診センターバイトなら週2回からの勤務が可能な理由

 

理由1・担当のパートを決められる事が多いから

検診センターで行われている検査は、人間ドック、がん検診、特定疾患検診、健康診断など、実に様々です。

 

そして、それぞれの検査によって内容が異なり、オプション項目もあるので複雑です。

 

検査では、問診、採血、レントゲン、心電図など、それぞれのパートに分かれて業務を行っているので、同じパートを複数回担当する事で、スムーズに業務を覚えて慣れる事ができます。

 

検査の種類によって項目が違う検診センターの仕事は、単発や短期バイトのように不定期な働き方をしていては、なかなか業務を覚えられません。

 

でも、週2日以上の勤務が可能であれば、業務内容や検査の流れを早く覚える事ができます。

 

それに、担当するパートの希望を出す事もできるので、最初は簡単なパートを担当して、次第に、幅広いパートを担当するというように、段階を追って業務を覚える事も可能です。

 

 

理由2・他のスタッフとのシフトの兼ね合い

検診センターは、施設によって検査に対応している時間が異なります。

 

早朝検診や夜間検診を行っているところや、土日祝日の検査に対応しているところもあるので、スタッフは、早出、遅出、土日出勤など、シフト制の勤務をしています。

 

シフト制の勤務となると、他のスタッフとの兼ね合いもあります。

 

ですから、短期や単発のバイトや派遣のように、不定期に仕事に入るのは難しい為、週2日以上勤務が可能なスタッフが求められます。

 

 

理由3・1泊以上必要な健診(人間ドッグ)項目があるセンターでは、スタッフの確保が難しくなるから

検診センターでは、全身ドックのように1泊2日以上必要な検査を行っている施設もあります。

 

そのような施設では、夜間の看護業務もありますが、検査を受けるのは健康な方が対象なので、内視鏡検査前後のケアや、採血、検証、バイタルチェックなど、簡単なものばかりです。

 

病棟のように、急変などのイレギュラーな事態が起きる事はないので、夜勤とはいっても、気持ちに余裕を持って働けます。

 

夜勤が必要な検診センターでは、スタッフがシフト制で夜勤の業務もこなしています。

 

その為、日勤がカバーできるように、週2日以上の勤務が可能な、定期的に仕事に入る事ができるスタッフが求められています。

 

 

検診センターのおすすめな看護師バイトの探し方

 

おすすめな検診バイト看護師はどこで募集があるの?

 

保健センター

保健センターでは、がん検診や学校検診、特定疾患検診などを行っていますが、学校検診というのは、学校保健法によって実施する時期が決められているので、繁忙期があります。

 

そして、繁忙期前になると、バイトや派遣看護師の求人が多くなります。

 

保健センターというのは公的機関なので、福利厚生が充実しているというメリットがある為、人気がある求人です。

 

そして、病院併設の検診センターなどとは違い、常勤で働く為には試験を受けてパスをする必要があります。

 

 

予防医学センター

予防医学センターでは、人間ドックや健康診断、学校や企業へ巡回しての検診などを行っています。

 

保健センターと同じように、学校検診の繁忙期前になると、バイトや派遣の看護師の求人が増えるので、求人サイトなどで多くの情報を得る事ができます。

 

予防医学センターも公的機関なので、常勤で働く為には試験を受けてパスしなければいけません。

 

 

結核予防会

結核予防会では、人間ドックや健康診断、企業や学校へ巡回しての検診などを行っています。

 

公的機関に併設されている事が多く、健康診断と相談だけを行っているところや、人間ドックなど幅広い業務に対応しているところなど、業務内容は支店によって様々です。

 

結核予防会の求人は、看護師専門の求人サイトで情報を得る事ができますが、他の検診センターに比べると、看護師バイトの求人は少ないという傾向があります。

 

 

病院併設の健診センター・クリニック

病院やクリニック併設の検診センターでは、人間ドックやがん検診など、幅広い検診を行っています。

 

他の検診センターとは違って年間を通して求人があるので、コンスタントに働きたい方にはお勧めです。

 

病院やクリニック併設の検診センターの求人は、看護師求人サイトやナースバンク、ハローワークなど、いろいろな方法で情報を得る事ができます。

 

ただ、施設によって待遇や福利厚生に差があるので、高条件の検診バイト求人を探したい場合には、事前に職場情報を調べてもらう事ができる、看護師専門の求人サイトの利用をお勧めします。

 

 

 

ブランクがあっても大丈夫!おすすめは検診センターの看護師バイト

検診の看護師バイトにブランクナースおすすめな3つの理由

 

 

 

理由1・医療行為が少ない

ブランクがあると、医療知識や手技に自信がなくなり、職場復帰をしたくても不安が大きくて、なかなか行動に移せなくなります。

 

でも、検診バイトであれば、病棟や外来のように高度な医療行為は行っていないので、ブランクがある看護師でも安心して復職する事ができます。

 

ブランクがある看護師の多くは、採血業務に不安を持っています。

 

検診バイトでの重要な業務に採血がありますが、最初から採血のパートを任される事はありません。

 

検診センターでは、研修で採血の実習を受ける事ができますし、慣れるまでは、簡単なパートから始めて、自分のペースでいろいろな業務が担当できるように対応してくれます。

 

ですから、ブランクがあってもスムーズに仕事に入る事ができます。

 

 

理由2・健康な方が対象だから急変対応がない

病棟や外来とは違い、検診を受ける対象者というのは、健康な方ばかりです。

 

その為、急変などのイレギュラーな事態が起きる事がなく、急変対応をする必要がありません。

 

検診センターの看護師は、検査をスムーズに進められるようにサポートするのが主な業務です。

 

病棟や外来で働いていると、患者さんの既往歴や疾患、生活背景などを考慮して、患者さんに合わせた看護をしなくてはいけませんが、検診センターでは対象者の情報を考慮する必要はありません。

 

健康な方が対象なので、精神的な負担も少ないし、ブランクがある方でも安心して働ける環境です。

 

 

理由3・看護記録、看護計画、アセスメントの必要がない

病棟で働いていると、看護記録や看護計画なども行わなくてはいけないので、看護業務はかなり沢山あります。

 

それに、患者さんに対して、継続的な看護や個別のアセスメントも必要で、それらの業務を行う為には、看護師としての知識や経験、それに、医療の知識や技術も必要です。

 

それらの仕事をこなすのは、ブランクがある看護師にとっては厳しいものです。

 

でも、検診バイトなら、問診やバイタル測定の記載といった程度の業務しかありませんから、ブランクが長い方でもすぐに業務に入れます。

 

高度な医療知識も必要ないので、すぐに仕事に慣れる事ができます。

 

 

 

ブランクナースも安心!検診の事前研修について


検診センターのバイトは、短期や単発の求人の場合は、事前研修を行っていない施設がほとんどです。

 

事前研修は、施設によって内容期間が異なり、10日前後の研修期間を設けているところもあります。

 

一般的には2日間ほどの研修期間で、検診の流れ、検査項目や手順の説明、採血の実技などの内容が行われます。

 

 

採血(貧血検査・小児生活習慣病検査)の事前研修

採血の事前研修は、参加する看護師同士がペアになって、お互いの採血をして練習します。

 

それに、採血の模型を使って練習が行われる場合もあります。

 

模型ではなく、実際に採血の練習を行う事で、感覚を思い出す方が多く、採血に自信がない方も不安に思う必要はありません。

 

ブランクが長い方の場合、最も不安に思うのが採血業務ですが、事前研修を行えば、少しずつ慣れる事ができます。

 

 

心電図の事前研修

心電図の事前研修では、12誘導の操作、オートでの測定方法などの実技を行っています。

 

そして、看護師同士がペアになって、お互いの心電図の測定をします。

 

検診センターには臨床検査技師が在籍しているので、看護師が直接電極を装着したり、心電図の測定をするという事はほとんどありません。

 

でも、事前研修で練習しておけば、いざという時にスムーズに対応できますし、臨床検査技師のサポートが必要だという時にも安心です。

 

 

 

オージオメーターの事前研修

オージオメーターの事前研修では、電源を入れて、設定ボタンを押すなどの実技を行います。

 

オージオメーターは、人間ドックや健康診断の時に使用する、簡易検査です。

 

事前に使い方の実技を行っていれば、ブランクがあったとしても問題なくスムーズに対応する事ができます。

 

 

眼科検診の事前研修

眼科検診の事前研修では、遮眼器の使用方法、検査板からの距離の取り方、3.7.0方式の検査方法について勉強をします。

 

健康診断では、3.7.0方式という簡易的な検査方法を行う事が多く、眼科クリニックで行っている視力検査とは異なります。

 

検査方法は簡単ですから、事前に使用方法などについて覚えておけば、ブランクがあっても問題なく行う事ができます。

 

 

 

検診センターの看護師バイトが育児中ナースにおすすめな3つの理由

 

 

 

理由1・シフト自由で働きやすい検診の看護師バイト

看護師の仕事は、たとえバイトであっても働く曜日や時間が決められています。

 

子育てをしていると、子供の学校や園の行事、それに、急な体調不良などが理由で、シフトを変更したいというケースが多々あるので、働きたくてもなかなか決断できない、という方が沢山います。

 

でも、検診バイトであれば、単発や短期の働き方ができますし、時短勤務も可能なので、育児と仕事を無理なく両立させる事ができます。

 

検診バイトは、一般的な看護師バイトとは違い、自己申告で仕事を入れる事ができます。

 

都合のいい時に働けるので、多くのママさんナースが活躍しています。

 

 

 

理由2・子供の長期休みは仕事なし!検診の看護師バイト

看護師バイトに限らず、一般的な仕事をしていると、長期休暇を取るのは難しいものです。

 

小さな子供を育てていると、夏休みなどの子供の長期休みに合わせて、仕事を休みたいと思うものですが、そのように都合が良い仕事を探すのは、難しいのが事実です。

 

しかし、検診バイトには繁忙期があり、子供の長期休みの時期には仕事がほとんどないので、子供の休みに合わせて長期休暇を取る事ができます。

 

周りのスタッフに気兼ねする必要もないので、ストレスにもなりませんし、安心して働けます。

 

 

 

理由3・幼稚園児がいても大丈夫!残業なしの検診看護師バイト

病棟や外来で働いていると、急変などのイレギュラーな事態が起きる事も多々あり、残業を避ける事ができません。

 

子供を保育園や幼稚園に預けていると、お迎えの時間がありますが、急な残業が入った場合などは、お迎えに間に合わないのではないかと、ハラハラしてしまいます。

 

それに、残業が多い職場で働いていると疲れが溜まってしまい、家事や育児まで手が回らずに、ストレスが溜まってしまいます。

 

でも、検診センターでは完全予約制で検診を行っているので、残業になる事がほとんどありません。

 

時間通りに仕事を終えられるので、園のお迎えの時間に焦ってしまう心配もありませんし、気持ちに余裕を持つ事ができます。

 

それに、検診バイトは時短勤務も可能なので、子供の園や学校の時間に合わせた勤務が可能です。